ーAll About受験ガイド高橋公英さんー
わが子を合格に導くヒントとテクニック

中学受験のための基礎力とは

入試本番まで5ヶ月と迫ってきました。受験生にとってはこれからが正念場です。受験生向けの具体的アドバイスは「プロ家庭教師からの必勝アドバイス」にお譲りするとして、その前の段階の学力について考えてみたいと思います。

これまでも中学受験を始める前にどのような学力を身につけたら良いかについて書いて来ました。主なバックナンバー記事は次の通りです。

そこで述べていることは「パターン学習からの脱却」と「絵図にする力」「考える習慣」「書き言葉に慣れる」「語彙力の増強」です。なぜそれが必要なのかは、中学受験が全てではなく中学入学後も使える学力を養っておく必要があるということと、入試でも繰り返しによる勉強量で乗り切るのではなく、できるだけ少ない労力で突破できる学力を身につけて欲しいからです。

最近は低学年だけではなく小学校3,4年の中学年、5年生の高学年の生徒とも多く接するようになりました。そこで感じることがあります。勉強ができる方の生徒にも「おやっ」と思わされるのです。概して彼らは真面目で、教わったとおりに問題を解きます。だから成績も悪くありません。けれどもなんだか頭が固いように見えます。型にはまった解き方をするのです。

算数を例にあげます。問題中に計算が出てくると、きっちり筆算して解きます。計算結果も合っています。しかしちょっとしたくふうでもっと容易に暗算で答えを導けるのに、面倒な筆算を何も考えずに選んでしまうのです。中学受験生であるかどうかに関わらず「解法を教わったかどうか」が「問題が解けるかどうか」に直結しているのです。そのため「習っていないからできません」という言葉を彼らは口にします。教わったことがなくても、なんとかして解いてみようという姿勢のある生徒は少ないのです。

何も生徒たちが悪いのではありません。考えるための方法を教わってこなかっただけのこと。再び算数の例ですが「文章題を解く時に文中の大切なところに丸をつけながら問題を読みましょう。大切なところは数字と、○○を求めなさいの○○のところですよ」という指導を受けている生徒が多く見られます。この指導法ですと生徒は「丸印をつけなかった部分はちゃんと読まなくてもよい」と思ってしまうのです。

国語でも似たようなものです。「傍線についての問いは、その前後に答えがある」「指示語が何を指しているか把握しろ」など文章の内容確認ばかりやらされていたら、出題文の深い読み込みなど一部の才能のある生徒しかできないのではないでしょうか。

本当の読解力を持つ生徒は、たとえオリジナルの一部分を抜粋したものでも、それまでの読書経験からその文はどのような文脈で書かれているのかが推察できてしまいます。しかし、入試問題では狭い範囲の文脈からしか答えられないので、場合によっては読書経験の豊富な生徒の方が誤答してしまうことも有り得ます。

けれども後々役に立つのは一体どちらの読解力でしょうか?

中学入試をする場合には、合格するための得点を取るという目標は変えられませんが、中学高校さらには大学生・社会人に至るまで使える学力の基礎を受験勉強がスタートする前に身につける必要があると思います。その基礎が何かといったら「イメージする力」「イメージを操作する力」「粘り強く考える習慣」「書き言葉を理解し書く力」だと思います。

低学年では、おしゃべりから会話へと言葉の運用力をレベルアップして、本から言葉を吸収できるようにすることです。また文の内容を絵にする練習もしておくとよいでしょう。

国語でも算数でも幼さからの脱皮が求められます。論理的、抽象的な思考ができるということは、大人びた会話ができるということだからです。親子の会話でもできるだけ大人の言葉を使うようにしたいもの。

今の小学生は全般的にマセていると言われますが、論理的思考については幼さが悪いほうに影響しているように見えます。中学受験生でも成績が伸びだすと親離れが加速します。それだけ精神的におとなに近付くからでしょう。結局のところ中学受験に必要な学力の基礎とは、幼さから脱却することなのです。大人はそれを手助けしてやるようにしたいものです。

パパとママの勉強部屋
中学受験の模試について
中学受験塾の分析とアドバイス
必勝アドバイス
夏休み短期指導コース
SAPIX 4年生マンスリーテスト算数予想問題 SAPIX 5年生マンスリーテスト算数予想問題 早稲田アカデミー・四谷大塚 5年生 公開組分けテスト算数予想問題
中学受験鉄人会 資料請求
中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
中学受験鉄人会への喜びの声 学校別攻略法:現役スーパープロ家庭教師による中学校別攻略法 中学受験鉄人会家庭教師募集

twinavi

Twitterの総合ナビゲーションサイト
»詳しくはこちらをクリック