中学受験生の親御さんに
どうしてもお伝えしたいこと

 このコーナーでは、中学受験に臨まれる生徒さんの親御さんに「どうしてもお伝えしたいこと」を書かせて頂きたいと思います。時に耳が痛い内容の場合もあるかもしれません。しかし、その全てが毎年受験を経験しているプロ家庭教師の立場から、お子さんが中学受験で合格を勝ち取るために「どうしてもお伝えしたいこと」なので、ぜひ読んで参考にして頂ければと思います。

2009.05.08
『日能研生の親御さんに、どうしてもお伝えしたいこと』

1.『日特』は必ず受けなくてはいけないものではない。

日能研では、6年生になると日曜に志望校対策の特別講座「日特」が始まります。情報量・分析力を有する日能研ですから、志望校対策講座に意味がないことはありません…ただし、それは生徒さんの志望する学校の名前がついた講座であれば、の話です。最近では日特が対象にする学校の数は大きく増加しましたが、それでも全ての学校の志望校講座を組むことは不可能です。あえて、受験する可能性のない学校の対策講座を受ける必要はないでしょう。

ここでお伝えしておきたいのですが、例えば生徒さんが記述問題の出題が多い学校を志望されている場合。塾側から「同じく記述重視型で、しかも偏差値は志望の学校より高い、○○中学の日特に参加しましょう」との声かけがあると思いますが、慎重に対応して、本当に参加すべきかどうか、ご家庭内でしっかりと話し合いをするべきです。塾側も決して営業的な考えだけでそうした声かけをしているのではありませんが、より多くの生徒さんに日特に参加して欲しい気持ちが先立っている感は否めません。出題傾向として、記述重視ということだけで内容が近くなることはありませんし、何より考えて頂きたいのが、「時間の使い方」です。後に触れますが、日能研の多くの教室では、過去問演習のスタート時期が確実に他塾よりも遅くなります。ここで1週間のスケジュールを考えた場合、平日は学校もあり、また塾の復習を進めなければなりません。そうなると特に6年生の夏からは、日曜がより重要な意味合いを持って来ます。1週間のまとめ演習として、過去問を解く時間として、そして体を少しでも休める時間として、日曜は他の曜日にはない貴重な1日です。

また、生徒さんが積極的に『日特』に参加したいと言い出した場合ですが、それが勉強面での目的だけであれば一考の価値はあります。ただし、友達付き合いから、あるいは他の生徒さんが行っているのに自分だけ行かないことが焦りにつながるから、といった理由であれば、生徒さんとゆっくり話をして決めることをおすすめします。6年生とって日曜日はとても貴重な1日です。

これからのお話にも通ずるものですが、塾の声かけに妄信的に従うことはしないようにしましょう。

2.6年からの特別講座は、必ずしも有効ではない。

『日特』とも重なりますが、6年生になると塾側から様々な『特別講座』が案内されることがあります。特に水曜などの通常授業のない曜日に開設をして、教室によっては半強制のかたちになることがあります。そうした講座についても『日特』と同じスタンスで、本当に受講すべきかどうか、しっかりと考えて、生徒さんと話し合いの場を持つようにして下さい。その話し合いでの親御さんの考え方のベースに、「自分で復習する時間、秋以降の過去問演習にあてる時間」を確保することを忘れないで下さい。

6年生になると日能研のカリキュラムも密度が増し、春先に生徒さんが疲れを感じる局面もでてきます。受験なのだから少しの無理は必要ですが、それが体調を壊すまでに至っては本末転倒です。塾側は「少しでも理解を確実にするために」との意向で案内をしてきますが、日能研の演習スタイルは、予習をするな、とも言うくらいの「復習重視主義」です。その復習をする時間を確保しなければ、演習内容は全くと言っていいくらいに身につきません。自宅学習のために貴重な塾のない1日が取られてしまう損失は決して小さくないのではないでしょうか。日能研のカリキュラムは通常の内容で十分に充実しています。生徒さんに精神的・肉体的な余裕があったとしても、まずは一考して下さい。受験生活は2月のゴールへ向けたマラソンです。途中、中距離的なペースにすることは必要ですが、息切れしてしまっては大事な時期にスパートもかけられません。勉強の密度を濃くすることは、塾に通う時間を多くすることと決して同じ意味ではありません。自分で考え、学習内容を熟成させる時間を設けることも欠いてはいけないことに十分に注意して下さい。

3.過去問演習のスタートについては、塾の指示を絶対と思わないこと。

先にも触れましたが、日能研は他塾と比べて、教室が指示する過去問演習のスタート時期が遅いことがよく見られます。教室によっては「12月に入ってから」と言うところもあります。そこからどのようなペースで進めれば、志望校の問題を“繰り返し”解くことができるのでしょうか。ちなみにサピックスでは、夏休みから「ドンドンやりなさい!」と指示がでます。日能研の言い分としては、「過去問は、解けるレベルにない状態で解いても、意味がない」といったところで、その説にも一理はあるでしょう。ただし、日能研自身がかつての『進学レーダー』で「合格力」との言葉を用いているように、中学受験では、学校によって出題傾向が全く異なりますので、センター模試などの判定テストの結果が合否判定のすべてではありません。もちろんどの学校を受けるにあたっても必要な基礎力は不可欠ですが、それぞれの学校がどのような問題の出し方をしてくるかを十分に吸収して「合格力」を養っているかどうか、が本番の試験会場で力を出せるかどうかの、大きなポイントになります。

また、過去問を解いて間違えた問題と、カリテで間違えた問題では、生徒さんの受け止め方に大きな違いがあります。特に採点結果と合格最低点の開きを見て、「あと何点で届いたのに」といった悔しさを持つことが、それから後の勉強への取り組みを大きく変化させる、大事なきっかけにもなります。
 過去問演習が実戦演習の総仕上げとしての側面だけを持っているのではないこと、過去問演習を通じて初めて実感できる自分の誤答傾向があること、を決して忘れず、塾には黙ってでも、早めに過去問演習をスタートするようにしましょう。

4.塾への遠慮は禁物です。

これまで述べてきた内容とも重複しますが、塾との関係に遠慮や気遣いは全く不要です。もちろん塾の先生に対して、親御さんが常に敵対意識をむき出しにしてしまっては、勉強を習う生徒さんからすると、「この先生の言うことは信じていいのだろうか」と、混乱を招いてしまうことがありますので、常に塾に猜疑心を持って臨むことは避けるべきです。

ただし、生徒さんは塾の先生や教室の職員と仲良くなるために教室に行っているのではありません。あくまで目標は志望校合格です。そのために教室に言うべきことは言い、教室からの指示についてはただ何も考えずに従うようにはせず、そこから活用できるものを親御さんの立場から選択をする、というスタンスを徹底的に固めるべきでしょう。日能研の特徴のひとつとして、時に生徒さんやご家庭とのコミュニケーションが淡白になることがあります。例えばその対極のカラーとも言える早稲田アカデミーでは、月に1度などのペースで、定期的にご家庭に教室から連絡をすることが当たり前の必須システムになっており、また、2月の入試当日には、受験を終えた生徒さんに必ず教室に寄るように指示をします。そこで生徒さんの様子を直に見た講師が、それぞれの生徒さんに応じた接し方、声かけをして、生徒さんの気持ちを落ち着けたうえで次の日以降の試験に送り出すようにしています。

そうした接し方も時には負担になることもあり、どちらが良い悪いということを論じるものではありません。あくまでスタイルとしてですが、日能研は比較的淡々としていることが多くあり、それだけに、それぞれの生徒さんの状況を塾側がどれだけ正確に把握しているかどうか、は不透明になることが多い、と言えます。その淡白さがあまりに目について、生徒さんの教室での様子が全くわからない、しかも成果が出ないといった際には、教室にはっきりとアピールをすべきでしょう。教室には、生徒さんの状況を適確に把握する義務があるのですから。

そうした日能研の淡白にも見える特徴をみると、全生徒さんに発信される追加特別講座の案内や、志望校とは異なる学校の日特への参加、過去問演習のスタート時期の指示については、生徒さん個々の状況に対応しきれているとはどうしても言えないところが感じられてしまうのです。

塾に何か意見をすることで、生徒さんが教室でつらくなるのではないか、といった考えはきっぱりと捨てましょう。昨今モンスターペアレントなる言葉が流行っていますが、それは常軌を逸した行動についてのみ当てはまることです。目標に向けて頑張っている生徒さんを支えるために、親御さんがその環境づくりに必死になること、時に教室と対峙するだけの覚悟を持つことを誰がとがめることをできるでしょうか。

受験の主役は生徒さんです。その生徒さんが思い切って自分の目標に向かって走ることができるようにするためには、それを支えるご家庭と塾との間にはある程度の緊張感が必要です。それが時につらいものであっても、ぜひ目をそむけずに向き合う覚悟を持って下さい。

パパとママの勉強部屋
中学受験の模試について
中学受験塾の分析とアドバイス
必勝アドバイス
夏休み短期指導コース
SAPIX 4年生マンスリーテスト算数予想問題 SAPIX 5年生マンスリーテスト算数予想問題
中学受験鉄人会 資料請求
中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
中学受験鉄人会への喜びの声 学校別攻略法:現役スーパープロ家庭教師による中学校別攻略法 中学受験鉄人会家庭教師募集

twinavi

Twitterの総合ナビゲーションサイト
»詳しくはこちらをクリック