面白くて得点源になる理科のはなし

第22回 - 人体4 排出器官のはなし -

安達めぐみ講師(鉄人会レギュラープロ家庭教師)

 

 セキツイ動物は、腎臓からいらなくなった老廃物を外へ排出します。ヒトでは、場所:背中側ろっ骨のすぐ下数:両脇に1対(2つ)、大きさ:握りこぶしより大きめ(130g、長さ11cm厚さ5cm)です。

腎臓は、1)ろ過と2)再吸収という重要なはたらきがあります。

1) は、ボーマンのうでおこなわれ、原尿がつくられます。

2) は、腎細管でおこなわれ、ブドウ糖、タンパク質のほぼ全てと、水と無機塩類の一部が血しょうへ再吸収されます。

全体として、

腎動脈(糸球体)→ボーマンのう→腎細管→腎静脈(再吸収)
          (ろ過)(原尿)    ↓   
                    集合管→腎う→輸尿管→ぼうこう
                    (尿)

の流れから外へ尿が排出されます。

特に、中学入試では、人体を循環する、動脈と静脈の血液の流れと関連した、総合問題の一部として出題されることも多いです。

ヒト以外の動物の排出器官と重要な用語も整理しておきます。

ゾウリムシ 収縮胞(太陽のようなかたち(?)をしている)
収縮したり拡大したりして、いらないものを外へ排出します。
プラナリア 原腎管ほのお細胞から排出口へ)
たくさんのほのお細胞がみられます。
ミミズ、アサリ 腎管(体節ごとにろうとのような腎口が空いています)
血管や消化管、排出口とつながっています。
ザリガニ 触覚腺(腎管、ぼうこうがあります)
触覚のつけ根にあります。
昆虫類 マルピーギ管(腹部にあり、腸とつながっている数本の管)
消化管を通して、排出します。多いときには、100対(200本)もあります。
魚類、
オタマジャクシ
腎臓えら
腎臓のほかに、えらが塩類を排出したり吸収するはたらきをしています。

淡水魚と海水魚の比較は大学入試でも頻出ですが、中学入試でも関連したことが質問されることがあります。特に、メダカやフナは小学校で詳しく習うので、淡水魚のしくみに注意して覚えておきましょう。

海水魚
(マダイ、
マグロなど)
海水にすむ魚
水をたくさん飲む(塩分が多い水)。
(水は生きるためにたくさん必要なので、塩分濃度が高くても飲みます。)
えら 余分な塩類を排出する。
腎臓 余分な塩類を排出する。
尿 塩分の高い尿を排出する。
皮膚 水が出て行く。(外の塩分濃度が高いため)
水を吸収する。
淡水魚(アユ、フナ、メダカ、キンギョなど):湖、川など淡水にすむ魚
水をあまり飲まない。
(皮膚から水が入ってくるので)
えら 足りない塩類を吸収する。
腎臓 足りない塩類を吸収する。
尿 塩分の低い尿をたくさん排出する。
皮膚 水が入ってくる。
パパとママの勉強部屋
中学受験の模試について
中学受験塾の分析とアドバイス
中学受験に絶対に役立つ!必勝アドバイス
SAPIX 4年生組分けテスト予想問題 SAPIX 5年生組分けテスト予想問題 SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
中学受験鉄人会 資料請求
中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
中学受験鉄人会への喜びの声 学校別攻略法:現役スーパープロ家庭教師による中学校別攻略法 中学受験鉄人会家庭教師募集

twinavi

Twitterの総合ナビゲーションサイト
»詳しくはこちらをクリック