鉄人の一通入魂

 中学受験鉄人会が毎週お届けしておりますメールマガジン
『 鉄人の一通入魂』のバックナンバーです。

2017.1.12配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
日能研4・5年生 第18回算数・国語の攻略ポイント!

<算数 5年生 第18回>

5年最後の回は水そうの問題です。

【攻略ポイント1】

「考えよう1」で体積の単位を整理します。1L=1000立法センチメートルだけは必ず覚えるようにしましょう。「考えよう2」では物体を完全に沈めた場合について考えます。沈めた石の体積イコール上昇した水の体積となることを理解しましょう。また、水そうを見取図で描くと面倒なので面積図で考えることが多くなりますが、横の数値は長さではなく、底面積です。したがって単位も平方センチメートルです。

【攻略ポイント2】

「考えよう3」では棒を水そうに入れますが、全部沈むわけではありません。平均の問題で使う面積図と同じ構図で考えます。面積(実際は水の体積)を求められないときは逆比を利用して解きます。

【攻略ポイント3】

「考えよう4」は水そうとグラフの問題です。上下2つの直方体に分けて考えれば難しくありませんが、このタイプの問題は最後の設問にたどり着くまで手間がかかるので誘導に乗って進めることが大切です。他にやっておきたい問題は問7、問8の容器を傾けたり倒したりする問題です。空気の体積に注目すると楽になることもあります。問9以降は棒を途中で止めたり、棒を2本以上沈めたりと、細工が加えられ設定が複雑になります。「考えよう」のレベルが確実にできるようになってからチャレンジしましょう。
上位生はオプション理解の問2、問3のようなグラフの変化を選択する問題にも目を通しておきましょう。難関校入試でよく見られる問題です。

【攻略ポイント4】

水そうの問題は立体図形の分野に分類されますが、グラフの読みとりは水面の上昇する速さの問題でもあります。また面積図では比を利用するなど、1つの問題で様々な算数の力を試すことができるうえ、作問が楽なので入試に好都合です。頻出分野なので、ぜひ得意にしたいところです。

<小5 18回 論説文U 科学の役割>

前回に引き続き論説文をあつかいます。

【攻略ポイント1】読解

今回の文章は科学にまつわるものです。入試では良くあつかわれる内容です。特に理系に力を入れている学校で出題されることが多く見受けられます。ポイントは科学的な話題について、筆者がどのような立場で述べているのか、比較されていることは何かに着目することです。つまり話題の読み取りが大切になります。例えば読解Tの内容は、まずロボットの話題から始まります。そしてロボットと生物の比較をし、違いに着目して説明が展開します。その視点から結論は環境問題につながっています。当然筆者の立場は自然環境を人間は守るべきだというものになります。その立場や主張を支えているのがロボットと生物の違いであり、そうした科学的な視点で根拠がつくられています。このように段落のつながりを考え文章全体の構成をとらえるようにしましょう。

【攻略ポイント2】語句 作者・作品と時代

今回は文学史をあつかいます。学習の基本は作品名と作者、時代とジャンルの暗記です。まずはテキストの363ページの表のものを覚えましょう。次に古典の三大和歌集(万葉集・古今和歌集・新古今和歌集)三大随筆(枕草子・方丈記・徒然草)と呼ばれるものを覚えておきましょう。文学史を良く出題する学校では作品の冒頭文があつかわれます。テキストに記載されている冒頭文の一行目だけで充分対応できますので覚えておきましょう。またテキストの基本・応用とも近現代の作品があつかわれています。どれも代表的な作品ですので振り返りをして覚えておきましょう。

<算数 4年生 18回>

和差算、倍数算を学びます。いずれも線分図の問題です。

【攻略ポイント1】

「考えよう1」は和差算です。まずは線分図をきちんと描いて、仕組みをしっかり理解しましょう。結果として足して2で割る、引いて2で割るという公式が導かれますが、丸暗記は危険です。

【攻略ポイント2】

「考えよう2」は合計がわかっているとき、「考えよう3」は差がわかっているときにそれぞれの量を求める問題です。線分図にまとめると何をすればよいのかすぐに気づきます。問1から問6までは「考えよう」と同レベルですが、問7がひとひねりされて難しくなっています。線分図を描くまでが勝負です。
問9(2)、(3)は和一定、差一定の問題で、5年で本格的に習います。余裕があれば線分図の特徴を確認しておくとよいでしょう。この回はとにかく線分図を描いてみることが重要です。文章を図式化して目で見て解決の糸口を発見する習慣をつけましょう。入試レベルの文章題を解く際は必須の武器になります。お子さんのノートをチェックしてみて下さい。式と答しかない場合は、図を描くよう促すことをおすすめします。

<小4 18回 説明文X 段落と段落の関係>

本科テキストの最後の回になります。

【攻略ポイント1】読解

今までの学習内容を踏まえて文章全体の構成をとらえる学習になります。文章全体を3つに分けてそれぞれの役割と関係をとらえましょう。最初のくくりには話題が提示されています。その話題について最後のくくりに結論が示されています。真ん中には話題についての具体的な例が述べられ、その例の一つ一つの関係がどのように比較されているかを考えましょう。さらにその比較関係がどのように結論を支えているかを考えると全体の構成がわかります。

【攻略ポイント2】ことばの用法 反対語U

前回に引き続き反対語を学習します。前回同様にテキストに記載されている表のことばを中心に意味や用法を確認して下さい。特に馴染みの薄いことばに注意しておきましょう。「官製」と「私製」など授業で意味の説明があると思いますが、具体的にどのような場面で使われるかを理解しておきましょう。また、テキストの問題は記号を選ぶようになっていますが、これも前回同様、書けることが大事です。カリテや入試に向けて書けるようにしておきましょう。

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。

パパとママの勉強部屋
中学受験の模試について
中学受験塾の分析とアドバイス
必勝アドバイス
予約スタートダッシュ応援キャンペーン !! 2017国語物語文出題予想ベスト10
SAPIX 6年生マンスリー予想問題 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
中学受験鉄人会 資料請求
中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
中学受験鉄人会への喜びの声 学校別攻略法:現役スーパープロ家庭教師による中学校別攻略法 中学受験鉄人会家庭教師募集

プレジデントファミリー3月号

プレジデントファミリー3月号(P38)にて中学受験鉄人会が紹介されました。
»詳しくはこちらをクリック

twinavi

Twitterの総合ナビゲーションサイト
»詳しくはこちらをクリック