鉄人の一通入魂

 中学受験鉄人会が毎週お届けしておりますメールマガジン
『 鉄人の一通入魂』のバックナンバーです。

2015.6.18配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
日能研5・6年生 算数・国語 今週の攻略ポイント!

<算数 6年生 第35回>

速さのグラフと、動く点の問題を扱います。

【攻略ポイント1】

「考えよう1」〜「考えよう3」はダイヤグラムの読み書きの復習です。前回学んだ旅人算の出会いや追いつきの動きがグラフ上ではどのような形になるのか視覚的に把握できるようにしましょう。
「考えよう4」も道のりを適当に設定すれば同じように解けますが、ここでは比を利用した解法を習うはずです。(2)ではグラフの形から三角形の相似を利用し図形的に処理する方法も教わるでしょう。初めは解きにくく感じるかもしれませんが、速さの難問では必須の手法です。考えよう5は図形上を点が移動する問題です。グラフからわかる情報をうまく活用します。

【攻略ポイント2】

「深めよう1」はやや動きが複雑な旅人算です。このような時はダイヤグラムが役に立ちます。文章の内容をグラフに表してみます。大雑把でかまいません。場合によっては何度も書き直す必要もでてくるでしょう。利用できる数値などを書き込んだうえで、解くための手がかりを探します。文章を図式化してから考えるというこの作業はとても大切です。文章では気づきにくいものがはっきり見えて、それが解決の糸口になることがよくあります。

【攻略ポイント3】

「深めよう2」は設問ごとに視点を変える必要がある問題です。(1)(2)は点の位置を特定すればあとは単純な求積問題です。(3)は2つの点の出会い算です。一方(4)のように出会う場所が指定された場合は公倍数の問題になってしまいます。

【攻略ポイント4】

この他では問8の問題が気になります。2人の間の距離を示したグラフです。一旦ダイヤグラムに書き直して解くのが定石です。グラフの見方がわからずとまどう人も多いと思います。近年の入試傾向から考えると距離間グラフの問題はもっと重視すべきかと思います。他の大手塾のテキストではもっと手厚く扱っているケースが多いです。入試で出題された場合、日能研生が不利になる可能性もありますので、他の問題集などでもっと難しい問題も含めて距離間グラフの問題を十分練習することをおすすめします。

<国語 6年生 第35回 物語U 心情を類推する>

物語の2回目になります。

【攻略ポイント1】

今回は、前回学習した場面ごとの人物の心情をとらえることが目的になります。 心情は文章中に明確に表現されない場合が多くあります。喜怒哀楽を示す「心情語」があれば当然チェックすべきですが、それを直接問う設問は易しいため出題の対象にはなりません。心情を問う設問は場面ごとの人物の行動、会話、出来事、情景描写を心情の原因としてとらえ、類推して答えさせるものになります。
したがって心情の原因となるものを確実にチェックしておき、自身の言葉で心情を表現できることが重要なポイントになります。難関校で物語をあつかう学校では、60から120字くらいの記述が要求されます。書き方は心情語を二つ考え、その心情の原因となる出来事をまとめ加えることです。 また、多くの場合心情は変化していきます。どのような出来事を体験してどのように心情が変化したのかを記述できることが重要です。

【攻略ポイント2】語句品詞W

今回も品詞の識別をあつかいます。助動詞、助詞を中心に頻出問題がテキストに記載されています。一つ一つの単語の意味・用法を答えの根拠にして解答を考えて下さい。授業では意味・用法から答えの根拠を説明されると思います。それを聞き逃さないことが大切です。また、その説明がなく自身の答えが誤答の場合は確実に正解の根拠を理解しておきましょう。自分で理解、解決できないものは質問をしましょう。

<算数 5年生 第35回>

今回から割合の勉強です。

【攻略ポイント1】

「考えよう1」はどちらが基準になっているのか判断し、その基準値の方でわれば割合が求められます。
「考えよう2」は百分率です。4年で初歩的な内容は学んでいます。小数や分数とパーセントの換算をスムーズにできるように練習して下さい。パーセントが小数値の場合ミスしやすくなるので注意しましょう。「考えよう3」は歩合の表し方の練習です。今回は1回わり算をするだけで答が出る単純な問題ばかりでつまらないのですが、次回以降の基礎なので、しっかり理解しておきましょう。

<国語 5年生 第35回 論説文W 対照的内容(2)>

対照的内容をとらえる練習の2回目です。

【攻略ポイント1】

ポイントは前回同様どのような事を話題に、何と何を比較しているのかをとらえて下さい。
相違点と類似点に着目して最終的に結論は何と言っているのかを確認しましょう。独自の学習として要旨をまとめることをお勧めします。比較内容をまとめ、筆者の主張を記述してみましょう。将来の受験に必要な力を養えます。

【攻略ポイント2】語句 多義語

今回は多義語をあつかいます。日本語の特徴として使われる場面によって同じ言葉でも意味が違うことがあります。こうした意味・用法の違いを確認する学習になります。テキストの設問はさほど難しくありません。しかし、大切なことはこの学習が記述式解答の基礎となることです。言葉の意味を変えずに言いかえること、つまり抽象化や具体化が自身でできるための基礎練習になっていることです。テキストの設問は選択肢問題ですが、これを自身で記述できるように心がけておきましょう。

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。

パパとママの勉強部屋
中学受験の模試について
中学受験塾の分析とアドバイス
必勝アドバイス
SAPIX 4年生組分けテスト予想問題 SAPIX 5年生組分けテスト予想問題 SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
中学受験鉄人会 資料請求
中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
中学受験鉄人会への喜びの声 学校別攻略法:現役スーパープロ家庭教師による中学校別攻略法 中学受験鉄人会家庭教師募集

twinavi

Twitterの総合ナビゲーションサイト
»詳しくはこちらをクリック