鉄人の一通入魂

 中学受験鉄人会が毎週お届けしておりますメールマガジン
『 鉄人の一通入魂』のバックナンバーです。

2014.7.8 配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
来年はサンデーショック!前回2009年には何が起こったのか

来年2015年は2月1日が日曜となるため、来年度入試は、いわゆる「サンデーショック」の年となります。
「サンデーショック」とは、東京・神奈川の多くの中学校で入試初日にあたる2月1日が日曜日となった際に、キリスト教系(プロテスタント系)の学校が受験日を変更させることから生じる様々な現象を称したものです。キリスト教が定める「安息日」である日曜日には入試を避けるために、受験日を移動させのですが、このサンデーショックは主に女子校において起こります。

志望校の受験日が2月1日から2月2日に移動することで、本来併願できない学校を併願校として候補に入れることができます。そのため「サンデーチャンス」と呼ばれることもあります。特に、毎年2月1日に入試を行う東京女子御三家の女子学院、神奈川女子御三家のフェリス女学院が2日に移動することから、「2月1日に桜蔭、2日に女子学院」「1日に桜蔭、2日にフェリス女学院」といった最難関校の組合せが可能になることなどが大きな話題となります。

気をつけるべきは、このサンデーショックが上記のような女子最難関校にのみ影響を及ぼすものではないということです。最難関校の動きに連動するかたちで、他の学校にも少なからず影響が及んできてしまうのです。ここでは、前回のサンデーショックの年であった2009年度入試を振り返ることで、来年度入試に臨むみなさんが、何に注意をすればよいのか、考察して頂きたいと考えています。

【2009年度の分析】

まずは、前回のサンデーショックにあたる2009年度入試を振り返ってみましょう。

○2月1日(移動なしの学校)

例年通り2月1日に入試を行った学校の多くで、受験者数が増加しました。以降のデータは晶文社『中学受験案内』によります。2008年度の数値→2009年度の数値、としてご覧ください。

  • 桜蔭:受験者数543名、合格者数255名、実質倍率2.1倍
    →受験者数774名、合格者数260名、実質倍率3.0倍 
  • 雙葉:受験者数438名、合格者数117名、実質倍率3.7倍
    →受験者数595名、合格者数141名、実質倍率4.2倍 
  • 鴎友学園女子@:受験者数286名、合格者数121名、実質倍率2.4倍
    →受験者数408名、合格者数244名、実質倍率1.7倍
  • 鴎友学園女子A:受験者数441名、合格者数264名、実質倍率1.7倍
    →受験者数272名、合格者数106名、実質倍率2.6倍
  • 大妻@:受験者数371名、合格者数122名、実質倍率3.0倍
    →受験者数415名、合格者数171名、実質倍率2.4倍
  • 東京女学館@:受験者数245名、合格者数99名、実質倍率2.5倍
    →受験者数299名、合格者数95名、実質倍率3.1倍

桜蔭・雙葉については、合格者数を例年並みとしたため、実質倍率が上がる厳しい戦いとなりました。また鴎友学園女子は1次(1日)の受験者数は増えましたが、2次(2日)は大きく減りました。合格者数も1次は前年の倍近く、2次は半分以下と変動したため、結局は1次と2次が入れ替わったようなかたちになりました。

プロテスタント系の学校でも1日に入試を行った学校がありますが、いずれも受験者数が増加しました。

  • 香蘭女学校(4科):受験者数409名、合格者数159名、実質倍率2.6倍
    →受験者数569名、合格者数182名、実質倍率3.1倍
  • 頌栄女子学院@:受験者数247名、合格者数107名、実質倍率2.3倍
    →受験者数338名、合格者数134名、実質倍率2.5倍
  • 普連土学園@:受験者数221名、合格者数96名、実質倍率2.3倍
      →受験者数296名、合格者数122名、実質倍率2.4倍
○2月2日(サンデーショックで移動した学校)

2月1日から2日に移動した学校でも、受験者数の増加が見られました。

  • 女子学院:受験者数776名、合格者数267名、実質倍率2.9倍
    →受験者数1,135名、合格者数415名、実質倍率2.7倍
  • 立教女学院:受験者数356名、合格者数116名、実質倍率3.1倍
    →受験者数461名、合格者数133名、実質倍率3.5倍
  • 東洋英和A:受験者数232名、合格者数91名、実質倍率2.5倍
    →受験者数335名、合格者数101名、実質倍率3.3倍
  • フェリス女学院:受験者数449名、合格者数200名、実質倍率2.2倍
    →受験者数495名、合格者数195名、実質倍率2.5倍
  • 横浜共立A:受験者数382名、合格者数171名、実質倍率2.2倍
    →受験者数402名、合格者数173名、実質倍率2.3倍
  • 横浜雙葉:受験者数230名、合格者数115名、実質倍率2.0倍
    →受験者数250名、合格者数116名、実質倍率2.2倍

女子学院は合格者数も大幅に増加させたため、結果として実質倍率は前年より緩和しましたが、その他の学校では難化となりました。
 神奈川では、1日入試のフェリス女学院、横浜雙葉、横浜共立Aが2日に移動、逆に2日入試の湘南白百合、鎌倉女学院@が1日に移動と、ちょうど入れ替わるかたちとなったため、併願のパターンに大きな変化はなかったようです。神奈川の学校の数値の上がり幅が東京の学校ほどにならかったのはそうした要因があってのことと推測されます。
 ちなみに横浜雙葉はカトリック系のため本来は移動がないところですが、神奈川女子御三家の他の2校が移動するため、2月1日のままではその2校から併願してくる受験生がかなりの多数となり、結果として第一志望の生徒さんを入学させられない事態になるため、それを避けるために移動していると推測されます。

○2月2日(移動なしの学校)

例年通り2月2日に入試を実施した学校での中で、東京女子御三家との併願が多く見られる以下の学校では、受験者数の減少が見られました。

  • 豊島岡女子@:受験者数951名、合格者数395名、実質倍率2.4倍
    →受験者数816名、合格者数228名、実質倍率3.6倍
  • 白百合学園:受験者数190名、合格者数94名、実質倍率2.0倍
    →受験者数158名、合格者数75名、実質倍率2.1倍

豊島岡女子@では受験者数は減りましたが、合格者数も減らしたため、結果として実質倍率はアップという厳しい受験となりました。

○1月校

サンデーショックの影響は日程の変更をしない1月校にも及びました。2月校の合否が読みにくくなったことで、1月校で確実な合格を得ておきたいと考えた受験生が多かったと考えられます。
 埼玉の女子2校は以下のような結果でした。

  • 浦和明の星@:受験者数1,838名、合格者数861名、実質倍率2.1倍
    →受験者数1.946名、合格者数938名、実質倍率2.1倍
  • 淑徳与野@:受験者数755名、合格者数345名、実質倍率2.2倍
    →受験者数815名、合格者数386名、実質倍率2.1倍 
 

どちらの学校も受験者数が増加した分、合格者数も増加させたため、実質倍率がほぼ同じ数値となりました。

千葉の学校では受験者数が、市川@で前年比減、渋谷教育幕張@はほぼ同、東邦大当方(前期)でやや増、芝浦工大柏@A、昭和秀英A、専修大松戸@はいずれも増、と各校で結果がわかれました。
 ただし、いずれも共学校であるため、男子女子での違いが生じ、例えば渋谷教育幕張@では、男子の受験者数が減少しましたが、女子は増加、合格者数は女子が例年並みであったため、女子にとって厳しい受験となりました。

【2015年度入試】

現段階(7月4日)で、来年度入試で受験日を移動させることが決定している主な学校は以下の通りです。

  • 女子学院:[2014年度]2/1試験、2/2発表
         →[2015年度]2/2試験、2/3発表
  • フェリス女学院:[2014年度]2/1試験、2/2発表
         →[2015年度]2/2試験、2/3発表
  • 横浜共立:[2014年度]A方式2/1試験、2/2発表、B方式2/3試験、2/3発表
         →[2015年度]A方式2/2試験、2/3発表、B方式2/4試験、2/4発表
  • 横浜雙葉:[2014年度]2/1試験、2/2発表
      →[2015年度]2/2試験、2/3発表
  • 立教女学院:[2014年度]1/25面接、2/1試験、2/2発表(HPでは2/1に発表)
       →[2015年度]1/31面接、2/2試験、2/3発表(HPでは2/2に発表)
  • 東洋英和:[2014年度]A日程2/1試験、2/2発表(HPでは2/1に発表)
                B日程2/3試験、2/4発表(HPでは2/3に発表)
      →[2015年度]A日程2/2試験、2/3発表(HPでは2/2に発表)
                B日程2/3試験、2/4発表(HPでは2/3に発表)
  • 恵泉女学園:[2014年度]A方式@2/1試験、2/2発表(HPでは2/1に発表)
                 A方式A2/4試験、2/5発表(HPでは2/4に発表)
        S方式2/2午後試験、2/3発表(HPでは2/2に発表)
         →[2015年度]A方式@2/2試験、2/3発表(HPでは2/2に発表)
                 A方式A2/4試験、2/5発表(HPでは2/4に発表)
         S方式2/1午後試験、2/2発表(HPでは2/1に発表)
 

2009年度入試を振り返ってみても、サンデーショックの影響は広範囲に及びます。実質倍率が上がる学校もあれば、下がるところもあり、その動向はなかなか読めません。2009年度入試とは異なった対応をしてくる学校もあり得ます。まずは親御さんが情報戦で乗り遅れることがないように注意してください。吉祥女子が2月1日の第1回募集人数を102名から114名とし、2日の第2回は102名から90名とするなど、すでに来年度の募集要項が発表になっている学校もあります。学校が開催する説明会に積極的に参加する、学校のHPをまめにチェックする、塾との連絡を密にするなど、情報をいかに正確にキャッチするかが親御さんの例年以上に重要な役割となります。 

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。

パパとママの勉強部屋
中学受験の模試について
中学受験塾の分析とアドバイス
必勝アドバイス
夏休み短期始動コース
SAPIX 4年生組分けテスト予想問題 SAPIX 5年生組分けテスト予想問題 SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
中学受験鉄人会 資料請求
中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
中学受験鉄人会への喜びの声 学校別攻略法:現役スーパープロ家庭教師による中学校別攻略法 中学受験鉄人会家庭教師募集

twinavi

Twitterの総合ナビゲーションサイト
»詳しくはこちらをクリック