ーAll About受験ガイド高橋公英さんー
わが子を合格に導くヒントとテクニック

中学受験、今が正念場

 中学受験生にとっては残り2ヵ月を切ってしまった。もう日曜もテストやオプション講座で埋まり、本人も家族もかなりしんどい思いをしているのではないだろうか。ここまで来ると、親が学力を短期間でどうこうできるわけでもなく、受験勉強の指導は塾や家庭教師の先生に任せて、家庭では環境を整えることを第一に考えたい。

【フィジカル(身体)面のサポート】

 勉強量が増えるにしたがって睡眠時間が短くなり、身体の免疫力が落ちてくる。それを補う意味でも「栄養バランスのとれたしっかりした食事」を与えるように心がけるべきだ。塾のある日もできるだけお弁当を持たせるか、弁当などを買う場合も肉ばかりにならないように心がけよう。わが家の場合は、軽食におにぎりを持参して帰宅後におかずをたべさせるようにしている。食事も一人だけで食べる「個食」にならないように、誰かそばについて見守っていたい。無理してあれこれ話しかける必要はないのだ。家族が自分を支えてくれると感じることが重要。

 また、入試に備えてインフルエンザの予防接種は欠かせない。受験生は1ヵ月おきに2度接種した方が良いので、1度目は免疫が効果を現す時期を12月として11月中に受けておく方がよい。また家族が罹ると受験生にうつす可能性が高まるので、家族もワクチンを打っておくべきだろう。中学生以上は1度の接種で十分とされている。さらに、子どもが疲れていると感じたら思い切って勉強を早めに切り上げて寝かせることも考えよう。塾に対しては連絡帳などで事情を説明して、宿題を仕上げずに行くことの不安を取り除いてやろう。

【メンタル(精神)面でのサポート】

 残りの期間は入試が終わるまでは受験生を最優先に、家族が一致協力すると本人も心強い。受験生の勉強中は家族もテレビを見ず、兄弟もゲームをしないと決める。極端な話ではテレビを片付けてしまった家庭もある。 この時期には受験生が不機嫌な顔を見せることが多くなる。入試問題中心の実践的な勉強で精神的にも消耗するからだ。だからと言って周囲も仏頂面で受験生に接してはいけない。多少態度がカチンと来ても黙って見過ごして普段通り接していればよい。テストの結果が思わしくなかったときにどうするか。あまり見え透いた気休めを言うのは逆効果だ。結果は結果として受けとめ、次に向けて気持ちを切り替えるようにしたい。できるだけ前向きなメッセージを与えるのがいいだろう。他の生徒ができなかった問題ができていたらそこを誉める。例えば「平面図形と比のところができたんだ。ここはみんな苦労しているよ。すごいね。一行問題が他の人と同じくらいできたら、もっとよかったね。」という風に。

 さらにメンタルトレーニングの手法を試してみることを提案したい。メンタルトレーニングはもともとスポーツ心理学の分野で発展してきたが、最近では・スポーツ、ダイエット、学習、ビジネスにも応用されている。潜在意識や潜在能力を開花させるという少し怪しげなイメージ力の本もあるが、メンタルトレーニングは心理学を応用した科学的な根拠のある手法だ。入試に向かって何年か準備してきた受験生が試験場でしのぎを削るのだから、最後は精神的な強さがものを言う。この点はスポーツの大会と共通する。「心・技・体」の内で「技」が受験テクニックと閃き、「体」が基礎学力と体力、「心」が精神的な強さだ。

 スポーツでメンタルというとすぐに「根性」という言葉が浮かぶが、実はそうではない。現代ではいかにリラックスするかの方が重要だ。極度に緊張していたりあがったりしていたら実力が発揮できないことはおわかりだろう。入試会場についてから試験を受けている様子を予め頭の中に思い浮かべシミュレーションしてみる。そうして不安を取り除き、合格発表で自分の番号が掲示されているところを思い浮かべる。この時に同時に呼吸を整える。緊張が高まると呼吸が浅くなった経験があるだろう。リラックスするためには深い呼吸が大事だ。また笑顔も緊張をほぐす効果がある。可笑しいことがなくても強引に笑顔を作るとよい。作り笑顔をしながら怒ることができないのはおわかりだろう。

 ところで受験生本人よりも親の方が不安になっていることがある。親の不安は子どもに必ず伝染するものだから、親もリラックスする必要がある。そのためにはやるべきことは全てやったと思い切れる状態を作らなくてはいけない。チャレンジ校、実力相応校、滑り止め校と難易度別に志望校を決め、場合によってはダブル出願もして、最悪でもこの学校で大丈夫と覚悟を決めれば案外落ち着くもの。

 そうして、受験生に「あなたは安心して試験に臨みなさい。後は私にまかせて全力を出してね。」と言ってやれば子どもは安心する。あとは決めたスケジュールの通り、淡々と入試をこなして行けばよいのだ。親と子が共に「やるべきことをやった」と思うことができ、入試に向かっていけば自ずと道が開けるにちがいない。受験生の最後の頑張りを祈りたい。

パパとママの勉強部屋
中学受験の模試について
中学受験塾の分析とアドバイス
中学受験に絶対に役立つ!必勝アドバイス
SAPIX 4年生組分けテスト予想問題 SAPIX 5年生組分けテスト予想問題 SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
中学受験鉄人会 資料請求
中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
中学受験鉄人会への喜びの声 学校別攻略法:現役スーパープロ家庭教師による中学校別攻略法 中学受験鉄人会家庭教師募集

twinavi

Twitterの総合ナビゲーションサイト
»詳しくはこちらをクリック