ーAll About受験ガイド高橋公英さんー
わが子を合格に導くヒントとテクニック

正しい勉強法を早く習慣にすることが大切

1年半ほど前に「勉強ができる人のやり方をまねしよう」という記事を書きました。つい最近もこのことを痛感しましたので、再び取り上げることにしました。

■「こなす学習」から「理解する学習」へ

多くの公立小学生の学習の仕方を見ていると、なんだかまるでサラリーマンのように感じます。宿題というノルマが与えられ、それをどうこなすかに汲々としていて、本来なんのために家庭学習しているのかを見失っています。

それというのも、多くの小学校で出される宿題の量が学年×10分で終わるボリュームを超えているからです。また、宿題が質よりも量を求めているのも、そうなってしまう原因と思われます。1,2年生で計算問題が50題、漢字の練習がノート2ページ分繰り返し書くような宿題が一般的。

彼らの理解度を少し超えるチャレンジングで知的好奇心を刺激するような問題ではなく、習ったとおりにやれば出来る問題の繰り返し。これでは終わらすことが彼らの最大の関心事になってもおかしくありません。

このようにして、宿題で学習習慣を作られた子ども達は、その後も同じ学習スタイルを続けてしまいがちです。というのは、誰も他の学習方法を教えてくれないから。たとえ進学塾に入ったとしても、学校の宿題が塾の宿題に換わるだけです。

この悪い習慣として身についた「こなす学習」から「理解する学習」にスタイルを変えない限り、学力はなかなか向上しません。塾の成績上位の生徒にはこれができるのですが、中堅クラスではできていない生徒がかなりいます。

冒頭にご紹介した過去記事にあるように、問題を解いて正誤に基づき○×をつけて、学習済みとするのではなく、「なぜその解答に至ったのか?」を一問一問吟味して、理解しながら先へ進むことができるようにするのが、正しい勉強法です。

何ページから何ページまで解いたから学習済みとするのではなく、それはあくまでも自分が理解できていない問題をスクリーニングする作業で、そこから本当の学習が始まるのです。

中学生になった生徒に、正しい勉強法を指導しても、小学生時代についた癖が抜けずに確かめとやり直しをいいかげんに済ませて、いつまでも足踏みしている例があります。中学生になってからでは遅いのです。

ましてや、中学受験という目標があるのなら、小学校3,4年生で軌道修正をしないと、受験勉強が本格化する高学年に間に合いません。塾や家庭教師の先生に勉強法を尋ねれば、その生徒に合った学習法を指導してくれるはずです。

個別の科目の対策をする前に、正しい学習法を確立するようにすべきだと思います。成績を伸ばすには、避けて通れない道ですので、是非早めに軌道修正することをお奨めします。

■問題演習不足

単元テストはまずまずの成績なのに、範囲が広がった実力テストでは良い成績が取れない生徒の中に、問題演習が不足していると感じる生徒がいます。彼(彼女)らは真面目に勉強をしているのにです。

テキストの章や項目ごとの練習問題はちゃんと解けるのです。解き方の手本通りにやれるので。ところが、いろいろな解き方から最適なものを選んで使う応用力を試す問題となると、解き方がごちゃまぜになってしまって、適用できない問題に誤った公式をあてはめて解答を作るので、間違いが増えます。

公式の意味を理解しているのではなく、手順をパターンとしてあてはめていたので、その手順が使える問題なのかどうか、一段高いレベルでの判断ができていません。

こうした生徒では、ますますできる基本問題の学習ばかりやって、応用問題演習から遠ざかる傾向が強まります。基本問題はできるので、何度やってもあまり効果はありません。むしろ苦手な演習問題をたくさん解いて、自分の知っているどの解法を使うのかを、判断する練習が必要です。

こうしたことは、子どもを放っておいても、なかなか自分ではやろうとしません。もし、このような症状が見られるなら、実際の計算はしなくても、「この問題はどのパターンで解くのか」を見破る練習をどんどんやらせましょう。応用力不足は全国学力調査からも、今の小学生全般的な傾向です。

入学試験は、入試問題という磨かれた応用問題に挑戦するイベントです。問題演習をたくさんすることが合格への近道ではないでしょうか。

パパとママの勉強部屋
中学受験の模試について
中学受験塾の分析とアドバイス
必勝アドバイス
SAPIX 4年生組分けテスト予想問題 SAPIX 5年生組分けテスト予想問題 SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
中学受験鉄人会 資料請求
中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
中学受験鉄人会への喜びの声 学校別攻略法:現役スーパープロ家庭教師による中学校別攻略法 中学受験鉄人会家庭教師募集

twinavi

Twitterの総合ナビゲーションサイト
»詳しくはこちらをクリック